キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 すき焼き肉の歴史について① : 通販についての豆知識!すき焼き肉編

通販についての豆知識!すき焼き肉編

すき焼き肉の歴史について①

サイトマップ

すき焼き肉の歴史について①

すき焼き肉って今では当たり前のように食べられていますよね。

昨今ではすき焼き肉用のお肉を通販で販売しているオンラインショップもあったりと、なかなか町のお肉屋さんでは売っていない和牛や様々な部位が通販で気軽に買えます。

すき焼き肉といったら甘辛のタレで煮込み生卵につけて食べるのがメジャーですが、海外の方は生卵をつけて食べる文化がなく、いくら日本の鶏卵が新鮮で安全なものとわかっていてもつけて食べられないと言う意見が多いようです。

そもそもすき焼き肉にどうして生卵をつけて食べるのか、すき焼き肉はいつから食べられているのかその歴史をみていきましょう。

「すき焼き」が食べられるようになったのは江戸時代。

日本では昔から肉を食べることは悪いものとされていました。

その理由は、牛や馬は労働力の一つ。

その大切な労働力を食すことは悪いことだとされていたのです。

江戸時代になっても牛肉を食べるという文化はありませんでしたが、農民が休憩のときに使用する農具の「鋤(すき)」の部分を鍋として使い、そこに野菜や魚をいれて食べたのが「鋤焼き」と言われて、今の「すき焼き」の起源と言われています。

そして時代は幕末へと移り変わり、日本で初めての「すき焼き肉屋」が京都に誕生しました。

それでもまだまだ一般的に牛肉を食べるという文化が馴染まず、牛肉入りのすき焼きは食べられませんでした。

ではなぜ浸透したのかと思いますよね。

それは幕末から明治に入り、当時の明治天皇が牛肉を食べたことで牛肉を食べるといいうことが一般的になったそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム