キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 通販で買った好き焼き肉を美味しく食べる : 通販についての豆知識!すき焼き肉編

通販についての豆知識!すき焼き肉編

通販で買った好き焼き肉を美味しく食べる

サイトマップ

通販で買った好き焼き肉を美味しく食べる

すき焼き肉といったら「牛肉」そして「白菜」「ねぎ」「しいたけ」「春菊」「えのき」「焼き豆腐」「しらたき」といった具材がスタンダードですよね。

野菜類は水分が出てすき焼き肉を煮やすくしてくれますし、しらたきや焼き豆腐はダシがしみ込んでとってもおいしくなります。

お肉をさっぱり食べられて大人から子供まで人気の料理ですが、好き焼き肉をより美味しく食べるには具材を入れ順番が大切なのです。

細かな決まりはありませんが、おさえるべきポイントがあります。

まず「お肉は最初と最後」に入れることです。

鍋に牛脂をひいて鍋全体に油がまわったらお肉を何枚か入れます。

このとき入れたお肉がすき焼きのダシの役割にもなるのです。

ここで注意すべきなのは、はやく食べたいからといって牛肉を全部入れてはいけません。

全部いれてしまうと、他の具材が煮えて食べごろになったとき、お肉が固くなってしまうのです。

なので、最初に入れるお肉以外は最後にいれましょう。

そして、水分が出やすい野菜早めにいれるのがポイントです。

水分を出してっくれるので他の具材を煮やすくなります。

焼き豆腐やしらたきも水分が出やすい野菜(白菜など)を入れるタイミング入れておくと、食べるころにはよく味がしみこんでいます。

その「しらたき」ですが、独特の生臭さがありますよね。

ニオイのもとは灰汁というものなのですが、これは水洗いだけでは取れません。

ですので、しらたきは事前に熱湯をかけて下処理をしておくことでニオイがとれます。

実は「しらたき」がお肉を堅くするのは誤情報だったことを知っていますか?

こんな実験結果も[「すき焼きにしらたきを入れると肉が硬くなる」は濡れ衣だった! 「こんにゃく協会」の実験レポートが話題に

普段はあまりお肉を食べなくてもすき焼きの味付けが箸を進ませますよね。

生鮮食品を取り扱うお肉専門の通販もあるので黒毛和牛の切り落としがリーズナブルで購入出来るので大勢ですき焼きをするときには通販をご活用してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム